拓本とは Top  拓本とり方  採拓記  拓本資料  拓之会  ギャラリー  夏秋独り言 ⅱ 戻り橋ⅱ  
最初の頁 ギャラリー 採り方 拓乃会 拓本資料 リンク バーなーにⅱ

拓本
拓本は中国二千年前に生まれたコピー技術です。写真や印刷と違い、実物大に写し取れます。硬くて凹凸さえあれば何でも写し取ることができます。時代劇の襖や屏風に使われるので何となく見たことあるでしょう。また五円玉に紙を当てて鉛筆で擦ったことありませんか。あれも立派な拓本(乾拓)!
中国の古い碑の拓本は書道の勉強に必要ですし、遺跡から出土した瓦や鏡は考古学には無くてはならない資料です。それとは別に楽しむ拓本があります。歌碑や句碑、石仏を訪ね、探し当てた碑等を歴史や文学を感じながら拓本を採る・・・持ち帰って飾って楽しむ。それってとっても静かな趣味です。
(注意)拓本は魚拓ではありません! 
魯孝王刻石「五鳳二年(BC56)(中国曲阜)拓本
(拓本ギャラリー20)

Takuhon is the technology of printing or copying that originated in China 2000 years ago. In Takuhon we are able to reproduce an image of exactly the same size, unlike photography and printing. It is difficult to perfectly copy the uneven images. Have you ever placed paper over a coin when you were a child to make a rubbing with a pencil? That is superb Takuhon (dry rubbing)!
We need the Takuhon rubbing of old tombstones in China to study the ancient scripts. Takuhon also provides a detailed and precise record of ancient images on tiles and mirrors which can be damaged during excavation to enableus to save this knowledge for future generation.
You are someone who enjoys Takuhon. You visit monuments inscribed with a poem and stone tablets inscribed with images. And while you are rubbing the image you also absorb a feeling of history and literature. You take back an image and a feeling and have fun making a panel or scroll from your rubbing. It is a very quiet and peaceful hobby.
(Attention) Takuhon is not Gyotaku (fish print)!
夏秋独り言 ⅱ 62若冲拓画61宗像大社 60鞆の浦 59興福寺十二神将 58インドサルナート 57突厥の碑発見 56狛坂磨崖仏 55石工・窪世祥 54吾輩は猫である 53白隠と拓本52菓子拓と楽器拓 51大山巌記念碑 50広開土王碑と中村不折と子規 49Brass Rubbing 48吉備真備母楊貴氏拓本 47天上大風拓本良寛 46清水寺岩駒虎拓本 45開通褒斜道刻石拓本 44絵になる拓本
夏秋独り言ⅰ 43拓本の効果に就いて 42只管打墨 41隼人石拓本 40筆神拓本 39拓画軸 38歌碑断碑 37フロッタージュ 36延暦寺宝幢院鐘拓本 35葉拓 34隼人石拓本 33井真成拓本 32モンゴルの碑拓本 31頭塔石仏拓本 30藤原定方 29高台寺梵鐘拓本 28東大寺八角灯篭竿拓本 27棟方志功鐘 26井 真成 25只管打坐 24清田拓本展 23真夏の採拓 22大唐三蔵聖教之序 21拓本満開の5月 20拓本の裏打 19いわ猿&きか猿 18アンコールワット拓本展 17伊東拓本コンクール 16青銅器鐘 15書籍紹介 14新年の決意  13拓本の講習 12訪ね碑? 11夏拓秋装展ⅱ 10フインランドから帰国 9綜芸舎HPオープン  8 IMPACT  7フインランドへ  6通産省 5大学で拓本指導  4拓乃会 3吉野山 2四大文明展 1但馬