拓之会 Takuhon
Society
 Top  拓本とは 拓本とり方  拓本資料 採拓記   日本拓本研究会  夏秋独り言 A  ギャラリー   戻り橋A
最初の頁 拓本とは 拓本の採り方 ギャラリー 拓本資料 リンク バー 最初の頁 なーに 夏秋作品 採り方 綜芸舎 リンク 拓乃会バー 最初の頁 拓本とは 夏秋の作品 拓本の採り方 綜芸舎 リンク 最初の頁 拓本とは ギャラリー 採り方 綜芸舎 地図 リンク 拓乃会 最初の頁 拓本とは 拓本ギャラりー 拓本の採り方 綜芸舎 案内地図 関連リンク バー4 1 2 3 4 5 6 7

20世紀後半日本拓本研究会が京都で産声を上げました。拓本の普及とそれを通して文化を愛し守る団体です。
日本最初の全国的な拓本関係者の全国組織として活動しております。
(詳細は下記に)

21世紀初頭「拓乃会」を設立しました。より若い人や一般の人に拓本を普及しようとの思いでインターネットをとおして活動しようとしています。「拓乃会」は会費等はいただきません。拓本が好きな方はいつでも自由に入会できます。申し込みいただければ会員証を郵送します。オフ会として時には採拓会をします。
(主宰:薮田夏秋) E メール ←をクリック   予約・詳細は メールください。

拓本関係書籍特価販売を綜芸舎で行います。ぜひご覧ください!NEW! → 綜芸舎HPへ


月心寺採拓
 (第12回ひょうほゑ展前会)


芭蕉碑
滋賀県大津市大谷町27-9

集合 平成27年9 月21日(月)午前10時半 月心寺門前

交通 三条京阪から京阪電車-京津線「大谷駅」。京都駅から地下鉄烏丸線「御池」で東西線 浜大津行乗換「大谷駅」。 京都駅からJR新 快速野洲行「山科駅」‐「京阪山科」‐「大谷駅」 駅から東海道の陸橋を渡り、京都方面に下り 徒歩5分。 なお自動車は停まれません。

見学・採拓・昼食  
「これやこの行くも帰るも別れつつしるもしらぬもあふさかの関」で有名な 京と大津の境、ここ逢坂の関・走井の月心寺は橋本関雪画伯が建てたお寺で、 伝相阿弥作庭や伝運慶作小町百歳像、芭蕉歌碑などがある名勝です。また昼食は走井の名水でつくった精進料理と東海道名物走井餅をいただきます。
そして特別の許可を得て境内の句碑等の採拓をします。
(初心者には指導いたします)3時解散(近くに逢坂関跡、蝉丸神社)

会費12,000円(昼食含) 採拓申し込みの方は別途2,000円追加。
増訂復刻版「拓本の作り方」増訂します。

申込9月10日までに。なるべく早くお申し込みください。



拓版採拓と小屏風製作   拓乃会・日本表装研究会共催 終了

志功   日時:2013年2(土) 終了 講師:藪田夏秋・藪田千秋
場所:大阪書店組合教室 
申込:1月31日までに日本表装研究会へ  
採拓 1.2回
棟方志功十二弟子と二菩薩を元に小さな版を起こし、それを採拓します。拓本は全く初めての方でも簡単にできます。
ミニ屏風つくり 3以降
そしてその拓本をミニ屏風に仕立てる講座です。 六曲屏風一双と二曲屏風が完成します。


室内採拓の集い   拓乃会・日本表装研究会共催  日貿出版社後援  

2  日時:2012年26(水)10時〜13時  講師:藪田夏秋 終了
場所:日貿出版社内教室 
会費:一般3000円 表研会員・拓乃会会員2000円
申込:9月22日までに日本表装研究会へ 
棟方志功十二弟子と二菩薩を元に小さな版を起こし、それを採拓します。
拓本は全く初めての方でも簡単にできます。
ミニ屏風つくり 2講座
日時:10月24日(水)10時〜13時 11月28日(水)10時〜13時 予定
そしてその拓本をミニ屏風に仕立てる講座です。 六曲屏風一双と二曲屏風が完成します。

東京 九段  顕彰碑文採拓会   拓乃会・日本表装研究会共催  指導:藪田夏秋 終了

  2012年826日(日) 9時半〜11時半 雨天7月8日
     9月 23日(日) 10時〜15時 雨天7月22日
場所:地下鉄九段下、武道館方向出口上がった公園
九段坂にある元帥大山巌馬上像側碑(篆書大字)採拓します。一字一字採拓できます。現在相当痛んでいて将来文字が読めなくなる可能性あり、何回かに渡って採拓し保存したいと思います。賛同いただける方は参加ください。千代田区の許可を得ていますので、汚したり傷つけたり、決められた日・時間以外に採拓しないでください。なお当日実費を頂戴します。見学者歓迎!
 大山巌碑
  申込:メールで。   夏秋独り言A 大山巌記念碑採拓


第8回
 伊東市文学碑拓本コンクール 協力:日本拓本研究会 終了
       

奈良 佐保川  万葉歌碑採拓会  
              拓乃会・日本表装研究会共催 
  採拓記 12 佐保川万葉歌碑採拓
               講師:藪田夏秋 090-5674-7921

奈良市の北を流れる佐保川は古代から詩歌に読まれる景勝地で、現在ここには数基の万葉歌碑が点在しています。素敵な万葉歌を口ずさみながら採拓しましょう。管理者の許可をもらっていますので、期日、時間を守って、碑を汚したり傷つけないでください。 
集合:2012年71日(日)9時半〜3時  雨天15日(日)
奈良佐保川地図
    なおレンタサイクルも利用できますので問合わせください。
(申込)6月25日迄に日本表装研究会へ メールで  
 佐保川万葉歌碑


 大阪 千里南公園 文学碑拓本会     
 皐月ゴールデンウイーク万博近くの吹田市千里南で採拓。
 ここには16基の文学碑があります。いずれも小ぶりで採拓しやすいので、青葉薫る池のほとりで一日を過ごせます。なお近くにはレストランなどありますが、お弁当を広げてのお昼もできます。 

集合:2012年5月1日(日)
 3

東京大森 読売文化センター 4月24日(日) 10時半〜12時  採拓会報告 東京大森 2011年27日(日)

 奈良 山の辺の道 歌碑拓本会     拓乃会・日本表装研究会共催
  遷都1300年飛鳥から平城へ、古代の人が通った 山の辺の道、そこに点在する万葉歌碑の拓本を採ります。 全く初めての方には道具をお貸しして教えますの で、 秋の一日を、いにしえを体感しながらお過ごしください。特に長岳寺から檜原神社、幻賓庵は散策するだけでも素敵な路です。近くには卑弥呼の箸墓もあります。
集合:2011年10月17
  碑:境内歌碑採拓・午後は井寺池歌碑採拓
会費:1500円(表研会員・日拓会員・拓乃会会員・表装教室受講者)
一般会費2000円    
注意:軽装参加、茶店で昼食可。古新聞、タオル持参のこと
4 

第7回 伊東市文学碑拓本コンクール 
     採拓期間:平成22年6月〜23年5月16日 伊東市内文学碑採拓(Mapあり)  申込締切23年5月9日 発表6月28日
        詳細は募集要項をご覧ください。 メールいただければお送りします。 協力:日本拓本研究会 

採拓会 山梨 市川大門 碑林公園で中国名碑採拓と紙漉き見学  主催:読売文化センター大森 後援:日本表装研究会  講師:藪田夏秋

  市川大門は千年前から紙漉きの里として栄えてきましたが、現在一軒のみとなった手漉き場を見学。
  その後、中国西安の碑林を復元した名碑を見学、採拓。
  日時:2011年626日(土27(日)    

 5 6  7 
 8 9  10 

採拓会 高尾山  三ツ星☆☆☆高尾山で文学碑採拓  主催:読売文化センター大森  講師:藪田夏秋

  日時:2010年328(日)   
   ミシュランのガイドブックで富士山と共に三つ星の高尾山は去年は登山者数で日本一になりました。山頂の真言宗智山派大本山「高  尾山薬王院有喜寺」は天平16年(744)に、聖武天皇の勅令で行基菩薩により開山された修行の寺です。また昔から多くの歌人や俳   人が訪れて詠ん歌の歌碑が境内や参道にあり、北原白秋・水原秋桜子・渡辺水巴など17基になります。

11   12  13

14採拓会 市川真間の史跡を拓す 主催:読売文化センター大森  講師:藪田夏秋

2010年2月21日
手児奈霊堂 てこなれいどう
手児奈(てこな)とは、下総国勝鹿(葛飾)の真間(現在の千葉県市川市)に1400年昔住んでいたとされる女性の名。絶世の美女であるが故に大勢の男に求愛され、彼女を巡って争いが起こり、それを苦に入水したという故事を聞いた行基が七三七年、手児奈の霊を慰めるために弘法寺を開き、のち手児奈霊神堂が建てられました。上田秋成による『雨月物語』の一編浅茅が宿はこの伝説がベース。それを詠んだ2碑の採拓。
真間の継橋 ままのつぎはし
手児奈霊堂の傍を流れる小川にかかった小さな朱塗りの橋、昔はここまで海があったので、入り江にかかった橋であったのでしょう。手児奈が入水したという故事から、多くの歌人に詠まれた橋です。ココにも碑が2基。
弘法寺 ぐぼうじ
弘仁十三年(822)の空海の来訪を機に名を真間山弘法寺(こうほうじ寺に掲げられた「真間山」の額は空海の真筆)。元慶五年(881)には天台宗に、鎌倉時代の建治二年(1276)、日蓮宗に改められ「ぐぼうじ」として信仰を集めています。

拓本教室 (School)よみうりカルチャー大森 2010.4.25 終了


拓本講座   史迹と美術同攷会主催、初めての方の拓本講座を開催します。(講師:藪田夏秋

        日時:2009年926日  場所:ハートピア京都    終了

万葉碑拓者・田村泰秀氏逝く!
万葉の碑の拓本家で、日本拓本研究会の創立当時からの幹事で、拓乃会会員でもあった大阪在住の田村泰秀さんが5月14日お亡くなりになりました。享年79歳。
突然の悲報に接し、深くお悔やみ申し上げ、ここに追悼の意を表したいと思います。
田村さんとは40年近いお付き合いでした。いつも飾らないスタイルでひょうひょうとされていたことをついこの間のように思い出されます。ここ1年近くはお目にかかっていませんでしたが、「万葉の碑」というホームページでは4月に更新しておられて、元気にしておられるとばかり思っていました。
30年ほど前、奈良の万葉の史跡で彼と拓本を採っていた時、偶然 犬養孝先生と黛敏郎さんにお目にかかって、田村さんから紹介されました。
その一年後私がNHKの婦人百科という番組で「表装」を実演したとき、アシスタントディレクターに偶然ご子息の黛りんたろうさんが入社された時で、お父さんに会いましたよと話した記憶があります。
その少し前、中国に拓本を取りに行こうという企画が持ち上がって、私と田村さん、吉田真三君とあとは書家の榊獏山さんと成瀬映山さんとおい異色なく見合わせの旅行でしたが、世界中旅している田村さんにはとってもお世話になりました。
生涯を万葉の碑を訪ね歩いた田村さん、天国でも探してください。(2008.6.15)

(追記)田村さんの遺品整理をされている犬養万葉顕彰会の方から連絡をいただきました。データを追記しておきます。
田村泰秀(本名、茂久)  本行院法久日達信士 大正15315日生 平成20514日 没享年83歳    
   


拓本を採りに行きましょう会 採拓記

千葉県市川市採拓会
 弘法寺・手児奈霊堂・継橋     
指導:薮田夏秋・村松勝美

弘法寺は天平9年に行基によって真間山求法寺(ぐほうじ)として創建、弘仁13年空海により真間山弘法寺、鎌倉時代建治3年日蓮宗になったお寺です。戦国期には寺の日与が山下に手児奈霊堂を建立。古代の絶世の美人手児奈が祀られています。お堂の傍にある継橋は万葉集に歌われています。
碑:一茶・秋櫻子・万葉歌碑など11基  (写真は小林一茶句碑)

2007年 78日()開催の採拓会は、拓本日和の中無事行われました。参加された20名の方ご苦労様でした。中にはハワイからきたかたやHPを見てきた方もありました。
市川市真間手児奈霊堂には 受付時にはほとんどの方が来ておられました。梅雨の時期天気が気になりましたが、曇天でしたが雨は降らず、午後には晴天になっていました。
夏の採拓は、日が照るより、曇天の方が採拓しやすいので、こういうのを拓本日和といいます。
まづ講師が採拓に当たってのエチケットと道具の説明の後、手児奈霊堂境内の「万葉歌碑」を見本に採拓。
そして参加者をグループに分けて道具をお貸しして、三々五々継橋や弘法寺で採拓、中には長年の経験者もおられ、アドバイスを受けながら採拓。講師はお寺の百段ある石段を上がったり降りたりして指導しました。
グループ分けがうまくいったのか、和気あいあい、教えたり、手伝ってもらったり、3時まで皆が数枚拓本できました。
散会時には 「ほんとたのしかったよー」といってもらって、こちらもホッとしました。

19 20 21
22 23 1.手児奈霊堂のまえで記念撮影(ラストまでいた方々)
2.朱塗りの継橋にある日蓮上人歌碑。
3.弘法寺の伏せ姫桜の下の句碑。つつじがあってとりにくそ うでした。
4.その句碑拓本、ほとんどの碑は石に文字を彫る陰刻です  が、この碑は石の銅板の陽刻を埋め込んだ珍しいものです 。7月29日はこの拓本の裏打1日教室(掛軸と屏風
 「まさおなる 空より しだれざくらかな 風生」  富安風生は高浜虚子の弟子
5.山門の前の碑、紙張りが終わって、さあタンポに墨つけて  取ろうという場面。

日本石造文化学会 研究会・見学会  「鶴見石工飯島吉六」  5月27日(日)横浜市鶴見 詳細はお問い合わせください。

葉 拓 日 教 室
   講師 藪田夏秋 終了

25先日の「洗山・夏秋展」で展示した葉拓、多くの方から採り方の指導を希望されましたので、今回1日教室を開催します。好きな葉っぱ(何日か押し葉にして)を持参して参加ください。尚こちらでも葉などを用意しております。

大阪教室日時:2006年5月20日(土)東京教室
日時:2006年5月21日(日)13:00〜16:00 場所:表装ギャラリー 会費:1800円(用紙含む) 要予約! Map

表研、日拓会会員は割引あり。 道具はお貸しします
  

ーーー2005年までの行事ーーー

日本拓本研究会 関西支部151回例会
香芝拓本クラブ新碑建立記念採拓会 日時:2005年9月18日(日)9:00〜16:00 雨天決行
新碑:元暦万葉歌碑、最澄、空海碑等17面
香芝拓本クラブ20年のあゆみ展 日時:10月15日(土)・16日(日) 入場無料
交通:近鉄

大阪室内採拓会 2005年9月4日(日)               

江ノ島採拓会

26 27 28
日拓会関東支部78
5月22日
快晴、無事多くの参加
で行われました。
群猿奉賽像庚申塔
江戸時代のもので4面
36匹の猿がいる珍しい塔
稚児ヶ渕句碑
 あまりにも風強く採拓不可
与謝野晶子歌碑
洞窟の中の海中の珍しい碑。
これは採れません!


拓本1日教室

2005年4月24日(日)10時〜13時 表装ギャラリー拓 拓版を使用しての初心者講座 終了


拓本 
山頭火の旅  終了

29 30 31
山口県防府市山頭火句碑採拓
拓乃会・日本拓本研究会・日本表装研究会主催
2004年11月20日(土)・21日(日) 防府駅正面の山頭火像と碑 護国寺門柱の隠し碑 境内の近代俳句三匠碑
拓本山頭火の旅無事終了。山頭火ふるさと会・窪田さん、山頭火菩提寺ご住職さん、会員の方々の全面バックアップで山頭火の直筆句碑を、生誕の地や菩提寺を訪ねて拓本を採りました。両日とも快晴で、東京や、九州からの参加者を含めて30人参加され盛会裏に行われました。


東京 金剛寺 もみじ寺採拓会

日本拓本研究会 関東支部 第77回例会
王子音無川沿岸の紅葉寺の文学碑、庚申塔、道標、仏足石などの採拓会
2004年11月14日(日) 終了 快晴の中、多くの参加を得て無事行われました。


拓美 日本の拓本 U

第22回日本拓本展作品集 限定出版で希望者のみに配布 頒価1050円(〒140)


第22回 日本拓本研究会主催

日本拓本展

平成16年5月5日〜9日 目黒区美術館 市民ギャラリー
32 33 34 35
高田保句碑(茨城県土浦市) 
飯沼敦拓
伊能忠敬陸奥測量碑
(岩手県釜石市)
  谷藤聰夫拓
杉山杉風句碑(東京)
 藪田夏雄拓
至誠通神碑(茨城県)
    横倉一郎
36 37
第二十二回日本拓本展は89点の出品を得て無事に開催されました。
今年は全般に技術が優れ甲乙つけがたいものとなりました。

吉野紙漉と拓本の旅 03年11月29日・30日 

38 39 奈良県吉野郡下市町下市拓美の園にて。
雨が降ったりやんだり、時には晴れ間が見える一日でしたが、無事全員(28名)が採拓。(拓乃会)紙漉きは

http://www.hyougu.com

播磨石の宝殿と山頭火句碑採拓会報告  2002年9月14

兵庫県高砂市は播州播磨の国として古くから開けたところで、万葉集にも歌われた石の宝殿は日本三奇の一つ。当日は朝方曇りでしたが徐々に晴れ、お昼前には快晴、採拓には小小日差しが強かったのですが、山頭火句碑の園の18基を採拓。管理者不在のため、その会の幹事の方の説明の後採拓。40名の参加があったにかかわらず、碑が多く、全員が2枚程度採拓。ほとんどが初心者でしたが皆さん上手に採られました。東は千葉、西は岡山から参加、今回はインターネットからの参加も3名あり有意義な一日でした。次の採拓会期待してください。(拓乃会)
40 41 山頭火碑
宝殿のある石山をバックに参加者 採拓後ホッと一息。巨大な碑。「石をまつり 水のわくところ」 山頭火

日本拓本研究会・拓乃会 本部 602-0904京都市上京区室町通一条上る TEL075-441-4594・FAX075-414-0730
Muromachi-ichijo Kamikyoku Kyoto Japan 602-0904  営業時間:9時半〜17時半日・祝休み地図は綜芸舎をご覧下さい

日本拓本研究会・拓乃会 関東支部 101-0051東京都千代田区神田神保町1-15 清田ビル2F 
         TEL03-3233-4394・FAX03-3233-4395
Kanda-jinpocho 1-15 Chiyodaku Tokyo Japan 101-0051 
         営業時間:11時〜17時土・日・祝日休み

42

振込先:郵便振替01040-1-15794 〒602-0904 京都市上京区室町通一条上る 
     綜芸舎内 拓 乃 会     TEL075-441-4594・FAX075-414-0730 

吉野山舞塚での採拓

rain

日拓看板

本会は1968年拓本を広め、正しい技術を普及するために京都に生まれた全国組織です。拓本に興味を持ち、文化財を守る方ならどなたでも参加できます。関東、関西、中部支部があり、年数回の例会では実地に拓本を採り、研鑽に励み、親睦をはかっており、特に初心者には丁寧に採択方法を教えます。各地で拓本展を開催します。平成16年は東京目黒区美術館で5月5日〜9日まで開催。

会費:入会金1500円・年会費3000円 振込先:郵便振替01090-6-32984 
本部:602-0904 京都市上京区室町通一条上る 綜芸舎内TEL075−441-4594・FAX075ー414−0730

関東支部第72回例会報告 高尾山 採拓会
高尾 2000年8月12日(土)午前9時半〜11時(小雨決行)
採拓記:晴天というより猛天の中、十数名の参加を得て開催。初心者のために水原秋桜子句碑を例に採拓指導。その後、周囲の多くの碑を各自採拓。北原白秋碑は大きすぎて断念。矢島古泉居句碑前にて。薬王院手前のこの辺り碑が建ち並んでいる


戻る